台風14号2020日本上陸の可能性は?最新進路で推測

こんにちは。Katieです。

今年は台風が少ないまま夏が終わったなーと思っていましたが、秋になっても台風は来るんですよね。

10月5日、熱帯低気圧が【台風14号】になったとのニュースがありました!!

台風14号の名前は「チャンホン」

今週末に日本列島に近づくおそれがあるとのことです。

そこで今回は、台風14号(チャンホン)の最新進路はどうなっているのか?

そして日本上陸の可能性はあるの?ということについて、調べてみました。

目次

台風14号の最新進路は?

まずヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の最新進路予想図を元に、

東アジア全体の台風14号のヨーロッパ予想の最新進路や動きを見てみます。

10月5日

10月8日予想

10月10日予想

10月12日予想

引用元:ECMWF

10月5日より2日ごとの経過を見てみたところ、このように北西に進んだ台風14号は日本列島に近づき

沖縄・九州から西日本へ向かい、その後太平洋へ離れるような進路を辿っています。

ECMWFはヨーロッパ地域の22か国が加盟する国際組織で作られ、スーパーコンピュータによる予報で

世界中の気象予報の中でも信頼できる気象予報です。

この様子を見ると、ちょうどこの週末10月9日(金)〜10日(日)にかけて、日本にもっとも近くなるようですね。

台風14号が日本上陸の可能性はある?

では次に、台風18号の日本上陸の可能性はあるのかを調べるために

さらに詳しく別の最新進路情報も見ていきたいと思います。

Windyの進路情報

上記の図は、下部の矢印のスライドを左に送ると、時間が進んでいきます。

現時点(10月5日)で進路を見ていると、台風の目の中心は、日本には上陸せず、日本列島の太平洋側を沿っていくような進路になっています。

日本の進路予想

またNHKニュースやウェザーニュースなど、日本の天気予報での予想進路を見ると

日本列島に近くにつれ、予想進路の円がかなり大きくなっています。

これは、今回の台風14号の進路がかなり予想しにくいということが、伺えると思います。

ヨーロッパ中期予報センターやWindyの予測では、日本上陸は免れそうな気がしますが、今後の進路ははっきりわからないと言えそうです。

進路予報は日が経つごとに精度が良くなるため、随時最新の情報を確認するようにしていきましょう!!

まとめ

今回は、台風14号(チャンホン)の最新進路はどうなっているのか?日本上陸の可能性はあるのか?ということについて調べてみました。

現時点で、日本上陸の可能性は低いですが、進路が読めない台風のようで、今後の進路は大きく変わる可能性もあります。

常に最新の情報を確認し、台風に備えて準備をしていくほうがいいと思います!!

また、台風の上陸はなくても、かなり日本列島に近い場所を通っていくとのことですので

雨や風の影響は出てくると思います。

せっかくの週末が雨なのは、本当に残念ですが、沖縄・九州・西日本にいらっしゃる皆様は、気をつけて過ごしてくださいね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる