宇佐見りん 大学や高校はどこ?父親・母親についてや兄弟はいるの?

2021年1月、選考会が開かれ、第164回芥川賞は【宇佐見りん】さんの『推し、燃ゆ』が選ばれました。

作者の宇佐見りんさんは21歳で、大学生での芥川賞受賞ということで話題ですね!

今回は、『宇佐見りん 大学や高校はどこ?父親・母親についてや兄弟はいるの?』と題しまして

宇佐見りんさんの大学・出身高校や父親・母親や兄弟はいるのか家族にについて調べてみました!

目次

宇佐見りんの大学はどこ?

宇佐美りんさんについての情報は、あまり公表されていないため、どこの大学に通っているか現時点ではわかりませんでした。

噂では、慶應大学の2年生という話がありますが、特定までできていません。。

年齢は21歳で、神奈川県在住で学生であることが分かっています。

中高一貫校に通っていた。
高校では卒業論文があった。
中学高校では、演劇部に所属していたが途中でやめてしまった。
現在は学生
大学のサークルで演劇を再開、さらに歌舞伎研究会にも入っている。

とのことですので、現役大学生ということは間違いなさそうです。

詳しい情報がありましたら、追記してまいります!!

それにしても現役大学生で芥川賞受賞とは、凄すぎますね!!

宇佐見りんの出身高校はどこ?

宇佐見りんさんの出身高校についても調べてみましたが、詳しい情報は出てきませんでした。

前述した情報から、”中高一貫校””高校では卒業論文があった””中学高校では、演劇部に所属していたが途中でやめてしまった”というキーワードがありますが、これだけでは特定しづらいですね。

現在は神奈川県在住とのことですが、出身は静岡県ですので、大学進学とともに神奈川県にきた可能性も考えると、静岡県の中間一貫校に通っていた可能性も高いと思います。

こちらに関しても詳しい情報がわかりましたら、追記していきます。

宇佐見りんの父親・母親はどんな人?

宇佐見りんさんの父親・母親について調べてみましたが、こちらについても詳細はまだわかりませんでした。

宇佐見りんさんのエピソードから母親について、こんな話がありました。

小学校の時から書くことが好きだった宇佐見りんさん。小学校2年生の授業で「小説を書こう」というのがあり、「絵から想像して原稿用紙5枚で書く」ということが物語を書く、初めての体験だったようです。

それからしばらくは短い文を国語のノートに書いていて、そこで母親に言われた言葉が

「小説を書くことはあなたのライフワークになる」だったそうなんです。

その当時から宇佐見りんさんの才能を見出していた母親はすごいですね!!

宇佐見りんさんが文藝賞を受賞した『かか』に出てくる「ありがとさんすん」や「まいみーすもーす」という言葉は宇佐見りんさんの母親が実際にお家で使われている言葉だそうです。

『かか』という作品から宇佐見りんさんを読み解くこともできるかもしれませんね。

父親に関しては、さらに詳しい情報がなかったので、またわかりましたら追記していきます。

宇佐見りんに兄弟はいる?

宇佐見りんさんに兄弟はいるのかについても、詳しい情報は出てきませんでした。

また追って追記していきます。

まとめ

今回は、『宇佐見りん 大学や高校はどこ?父親・母親についてや兄弟はいるの?』と題しまして

宇佐見りんさんの大学・出身高校や父親・母親や兄弟はいるのか家族にについて調べてみましたが、

現時点では詳しくわかっている情報は少なかったです。

今回、芥川賞を受賞されたことで、インタビューなど露出の機会も増えると思いますので、わかりましたら追記していこうと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる